化学物質過敏症のくらしかた

化学物質過敏症でも使えた生活用品の紹介ブログ

お風呂が苦しくなくなった浄水シャワー

浄水シャワーに変えてからお風呂が苦しくなくなりました。

化学物質過敏症でも使えた浄水シャワー

化学物質過敏症を発症してからは、お風呂に入ると息苦しさを感じるようになりました。塩素が原因だと思ったので塩素除去するのに浴槽にビタミンC(アスコルビン酸)を入れて、換気扇を回しながら入っていました。

今より体調が悪かった時は、お湯に触れるだけで体がピリピリした事もあって辛かったです。

シャワーからのお湯も塩素除去したかったので、使えそうな浄水シャワーを色々調べて「ゼンケンのピュアストリーム」を購入しました。

この浄水シャワーを使い始めてからお風呂に入るのが苦しくなくなりました。肌にも良い感じだし、髪も以前よりまとまるようになった気がします。

ゼンケン ピュアストリーム2
手元のボタンで浄水と原水の切り替えができます。
 

今使っている浄水シャワー

その後、浄水器を購入した時に浄水シャワーがおまけで付いてきたので、今は「JOWER(ジョワー)」を使っています。

水生活製作所 除塩素シャワーJOWER(ジョワー)
30%節湯。色はホワイト、ブルー、グリーン、ピンクの4色。
 

2つの浄水シャワーの違い

ピュアストリームとジョワーの違いは、ジョワーは水流の切り替えが出来るけどシャワーヘッドが重いという事ぐらいで、使用した感じはどちらも変わりないです。

息苦しさもなくお風呂に入れているので、どちらもきちんと塩素除去してくれているんだと思います。

今は浴槽のお湯もアスコルビン酸を入れるのではなくて、浄水シャワーでお湯を溜めています。その分、頻繁にカートリッジの交換が必要になってしまっているんですが、浄水シャワーのお湯の方が入り心地が良いです。