化学物質過敏症のくらしかた

化学物質過敏症でも使えた生活用品の紹介ブログ

むし歯予防に使っている歯ブラシとフロス

むし歯を予防するためにブラシとフロスを使って歯磨きには時間をかけています。

歯磨きに使っているブラシ類について

化学物質過敏症だと歯医者で治療を受けるのは大変なので、歯磨きには毎日時間をかけて、むし歯にならないように気を付けています。

夜は特に念入りに磨いていて、歯ブラシ、タフトブラシ、フロスを使っています。
歯科医院専売品を使用しているんですが、ネットなら取り扱っているショップも多いので一箱毎にまとめ買いしています。

歯ブラシ

歯ブラシは「ライオンのマキシマ」を使っています。
ヘッドが小さくて奥歯までしっかり磨けます。

ライオン マキシマ 歯ブラシ(DENT.MAXIMA)
硬さはソフト、ミディアムソフト、ミディアムの3種類があります。
 

タフトブラシ

タフトブラシは「ライオンのワンタフト」を使っています。
歯ブラシでは届きにくい細かい所を磨いています。

ライオン デント EXワンタフト歯ブラシ(onetuft)
S、M、Systemaと毛先の違う3タイプがあります。
 

フロス

フロスは「ライオンのウルトラフロス」を使っています。
糸だけのタイプは上手く使えなくて困っていたんですが、この持ち手が付いているタイプはとても使いやすいです。

ライオン DENT.EX ウルトラフロス
S(狭い歯間用)とM(一般歯間用)があります。